肝臓系の治療薬としてもプラセンタは効果的

健康と美容に幅広く利用されているプラセンタなのですが、元をたどれば、1959年に厚生省が肝臓の病気を改善させるために認可した薬品なのです。

プラセンタがどうして肝臓の病気に治療薬として使われるようになったのかというと、プラセンタの中に含まれている「肝細胞増殖因子」にかかわってきます。
肝臓の再生力を高めるためには、プラセンタに含まれている、肝細胞増殖因子を取り入れてあげればいいのですね。

肝炎などの肝臓に係わる病気が発症すると、最悪の場合、肝細胞が死滅してしまいますが、プラセンタで肝細胞増殖因子を取り入れることで肝細胞の死滅をさせずに、予防もして、再生力と修復力を高めるサポートをすることが出来ます。

現在ではプラセンタが配合されている治療薬として、「ラエンネック」と「メルスモン」という二つのお薬があります。
医療現場での使われ方は、プラセンタ肝臓医薬品を注射をすることで治療に使われます。また、サプリメントでは、タウリンが肝臓には有効です。
■活性酸素の除去効果もあるのでダブル効果に
プラセンタの効果は、もう一つ活性酸素の除去する働きがあるのですが、肝臓などの内臓器官は、活性酸素に弱く影響を受けやすいのです。
肝臓の役割は、活性酸素をはじめとした、有害物質を解毒させるという役割があるので、プラセンタを活性酸素除去にサポートさせることで肝臓の負担を減らしてあげることが出来るというわけです。
肝臓は年齢を重ねると生活習慣の乱れなどでその機能の低下速度はとてもはやいので、プラセンタを摂取することで、少しでも肝臓の負担を少なくしてあげましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>