月別アーカイブ: 2014年7月

育毛に必要な育毛剤成分

抜け毛を改善するためにどのような成分を摂り入れたらよいのでしょうか。 ・ビタミン類 髪の毛に良いとされるビタミンは、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2,ビタミンB6,ビタミンC,ビタミンD,ビタミンE,ビタミンFです。ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンとがあり、水溶性ビタミンは皮膚からは吸収されないので食物から摂取しなければいけません。脂溶性ビタミンは頭皮からでも吸収されます。水溶性ビタミンは、ビタミンB1、ビタミンB2,ビタミンB6,ビタミンCです。脂溶性ビタミンは、ビタミンA,ビタミンD,ビタミンE,ビタミンFです。 ・アルギニン アルギニンは、成長ホルモンを分泌させる天然の成分です。ストレスや喫煙、動脈硬化にも効果的で血液をサラサラにします。アルギニンを多く含む食べ物は、くるみ、ごま、のり、大豆などです。 抜け毛や薄毛の予防に良いそうです。 ・リコピン リコピンはトマトに多く含まれています。カロチンの中でも抗酸化能力は優れており、ビタミンEの100倍だと言われています。高血圧、心臓病、老化予防、育毛に効果があるそうです。 ・亜鉛 亜鉛は身体には無くてはならない栄養素です。亜鉛が不足すると抜け毛の原因になり、タンパク質も作れなくなるので新しい髪の毛を作ることもできなくなり、髪の毛トラブルも増えます。亜鉛は食事からでは摂取しにくいので、サプリメントで補うとよいでしょう。またビタミンCやクエン酸も一緒に摂取すると育毛にも効果的です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

動脈硬化・高血圧の予防

過剰なストレスや運動不足、栄養バランスの悪い食生活などが原因で、動脈硬化を発症することがあります。 血管の内側がこれらの生活習慣によって厚くなると、弾力性が低下し血行が悪化することによって動脈硬化や高血圧などになり、心筋梗塞や脳梗塞などに至る危険性もあります。そうならないためには、高血圧サプリなどを飲むようにして日ごろから注意する必要があります。 活性酸素が体内に増えると、多くの病気の要因になります。 血液の中にある悪玉コレステロールと活性酸素が融合すると、血管の内部で固まり、最終的に動脈硬化を発症してしまうのです。 プラセンタの持つ働きの1つに、ホルモンの分泌量を調整する効果があります。 体内のホルモンの量が正常に戻れば、悪玉コレステロールを減少させることができるので、プラセンタを摂取することは有効です。 プラセンタには他にもまだまだ人間の健康にとってうれしい性質があり、活性酸素をなくすという作用も備えています。 活性酸素が少なくなれば、当然悪玉コレステロールと融合する量も減少しますので、動脈硬化に至ることを阻止できるのです。 創傷回復促進作用という効果もあり、おとろえた血管内の状態を回復させる力を発揮して、若々しい血管を取り戻すことができるでしょう。 血管内部が健康な状態にあることはとても大切で、体の一部分だけではなく、全身の至るところの血のめぐりがよくなります。 プラセンタを役立てることで、動脈硬化のリスクをどんどん減らせます。 動脈硬化に至る症状に更年期障害がありますが、プラセンタは更年期障害の治療にも採用されています。 プラセンタで更年期障害の改善を行っている患者さんは、動脈硬化に発展することも同時に防げるでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ